初心者が手を出すのはNGのシステムトレードのタイプとは?

昨今、全くのFX経験のない初心者でも、プロ並みのトレードが出来ると人気の機能があります。

それがシステムトレード(自動売買)です。

「難しいFXの勉強」や「充分なFX取引経験」を必要としないことが人気の理由です。

じつは、システムトレードといっても様々なタイプがあり、その特徴が大きく異なることをご存知でしょうか。

自動売買は、以下に分類されます。

【自動発注機能型】

リピート発注型ともいいます。最初に条件を設定しておいて、その条件を基に発注と決済を自動で繰り返してくれます。

さらに注文方法には、iサイクル注文やイフダン注文、リピートイフダン注文といったものがあります。

設定が簡単なので初心者向きのタイプといえます。

【選択型】

FX会社が用意したプログラムの中から、プログラムを選びます。

中には、プログラム選択自体を自動で行ってくれる機能を提供するFX会社もあります。

【プログラム型(MT4など)】

その名の通り、自分で自動売買システムのプログラムを作成ます。

EA(Expert Advisor(エキスパートアドバイザー))と呼ばれる売買条件や決済条件などのロジック(プログラム)があります。

用意されたプラグラムの一部を変更したり、自分でオリジナルのロジックを組み込むことも可能で、自由にカスタマイズできます。

 

このうち初心者は【自動発注機能型】と【選択型】のいずれかを選ぶことを強くおすすめします。

【プログラム型】の場合、細かいカスタマイズや自分が思うプログラムを作成できる利点はありますが、初心者がそれを行うには難し過ぎます。

どのタイプのシステムトレードを提供しているかを把握した上で、FX会社を選ぶことが重要です。