取引手法別、FX会社の選び方

取引手法別に重要な事項が変わってきます。手法別のお勧めFX会社とその理由を説明します。

デイトレ(短期売買)→短期売買で1日で何回も取引する。、取引手数料が多くかかる反面、損切りをこまめにやれば大損しにくく最もFXで使われている取引手法。スプレッド(手数料)が安いFX会社を選ばないと勝率・利益率が極端に引くなる。

また、毎月FX会社のスプレッドは変わる為、2~3社はFX会社に口座を開いてその月々で一番安いスプレッドのFX会社を使うのは勝ち組トレーダーの常識です。

下記のFX会社はドル/円0.3銭のスプレッドで一番高いスプレッドのFX会社の1.0銭と比べると取引コストが1/3以下に激減するのでデイトレが有利になります。

デイトレ向きのお勧めFX会社:DMM FX

スイングトレード(中期売買):数日から1ヵ月程度の保有で大きな利益を狙う。取引時間があまりとれない人や忙しい人向けの取引手法。取引回数が少ない為、スプレッドはデイトレのように気にする必要はないが、スワップ(貰える金利収入)が多いFX会社を選ぶ必要がある。

低スプレッドと高スワップのFX会社を選ぶと良い。
スイングトレード向きのFX会社:トレイダーズ証券

長期売買:数ヵ月~数年程度の長期間保有し、大きな利益を目指す。途中大きな為替変動にも耐えれるようにレバレッジは1~3倍に抑えておく。スプレッドは無視し、とにかく高スワップのFX会社を使う。

外貨預金と同じ方法なのでとにかく高スワップ(貰える金利収入が多い)通貨で取引をする。トルコリラ:7.5%、南アフリカランド:7.0%、豪ドル:2.0%のいずれかの通貨を買うのが常識。

長期売買向きのFX会社:外為ジャパン、GMOクリック証券

自動売買(中長期売買):FXのプロが作った自動売買のシステムで全自動取引。短期的には損を出すこともあるが、中長期的に見れば利益を出すことが多いと言われている。損切りも自動でやるので自分で取引をやる裁量トレードより損失は少なくなりやすい。

定期的(1ヵ月に1度程度)は調子の悪いプログラムと調子の良いプログラムを入れ替える必要が出てくるが、基本的に放置プレーでOK。外為オンラインのiサイクルのようにトータルでプラスのトレーダが76%もいる凄いシステムも無料で使えるのが特徴。

どうやってFXで儲けるの?
銀行の外貨預金よりお得!年間7.5%の利息収入
FXの勉強不要!自動売買で寝ながら稼ぐ
キャッシュバックでお得!無料でFX口座を作ろう!
主婦が毎月200万円稼いでいるFX
余裕資金でFXをする
少額取引は、いくらから始められるか
運用方法を決める
デモトレードの過信は禁物
取引手法別、FX会社の選び方
スワップ金利を狙うなら、通貨とレバレッジの選択がカギ!
安全性・資金効率・儲けられる金額
スプレッドが安いFX会社を使う
損小利大!こまめな損切りが大切
損切り注文を注文時に同時に出しておく
最初は高レバレッジでの取引はNG

FX取引の仕方まとめ